入院して経尿道的尿路結石除去術をしてきました。

結石

先週の水曜日から今週月曜日まで結石の手術のため入院しました。

入院前日まで

結石は左右の腎臓に多数あるのでいつかは痛みがあると思っていました。先月7月にも腰の痛みが出て痛み止めを使って大丈夫でした。

その為、大量の水を毎日飲んでいましたが結石が出る感じは無かったです。

入院当日、病院に行くまで

入院当日は午前中に用事を済ませてお昼に買い物をしていたら右の腰に痛みが出ました。必要なものだけ買って帰り食事をして身体も痛むのでシャワーを浴びて眠れば治まるかなと思っていましたが治まるどころか痛みが激しくなり14時くらいに病院に電話しました。

痛み止めは7月に全てを使って既に無かったです。泌尿器科に通ってるけど結石の痛みが出て痛み止めが無く我慢できないので診察してもらえるか確認しました。医師に確認後、診てもらえるというので電話をしてから数分で病院に向かいました。

バス停まで行きましたがバスの時間が30分くらいあります。スマホでルートを検索すると乗り換えするルートがあったので次のバスに乗りました。乗り換え場所を通り過ぎてしまったので次で降りてタクシーに乗り換えました。タクシーは乗った瞬間、タバコの臭いがきつく辛かったです。

タクシーに乗ってから痛みと吐き気が続きます。

病院での診察

病院には15時くらいに着きました。診察券と保険証と医療券を出して泌尿器科に行きました。採尿とレントゲンを撮ってくるように指示を受けました。レントゲンでは仰向けになるのが辛かったです。

15時くらいに着きましたがなかなか呼ばれず痛いまま待合室の椅子の上で横になって唸っていました。いろんな向きを変えますが楽な姿勢が無く苦労しました。

受付から1時間くらいしてからベッドに横にしてもらえました。ベッドの上でも痛いのは変わらずいろんな方向を向きながら楽な姿勢を探しますが見つからず。

ベッドの上に移動してかなり経ってから痛み止めの点滴をしてくれました。それでも痛い状態が続きました。吐き気も酷かったです。

暫くすると医師が来て右側の結石が落ちて痛みが出ていると教えてもらいました。時間あるなら金曜日に内視鏡で取るか聞かれたので来週はダメか確認したらダメなようで選択肢は無いのでそのままお願いしました。

痛み止めの点滴が終わっても痛い状態が続いて時間を空けてから2本目の点滴をしました。

5日の明細を見るとブスコパン注、アセリオ静注液、ソセゴン注射液、大塚生食注、ソルデムとなっています。5日は入院中の点滴もあるので入院前にどれを使ったかは分からないです。

2本目の点滴の途中で身体が楽になりました。入院するためレントゲンと採血とCTを撮りました。身体は落ち着いたので歩けるかなと思いましたが車いすを用意してくれました。車いすに座るのに立ち上がると身体がふらつきました。

レントゲンとCTを取ってベッドに再び戻ります。一度戻りたかったですが新型コロナの影響で外出はさせてもらえなかったです。18時くらいになって病室に案内されました。

入院生活1日目

お部屋は4人部屋です。全て埋まってカーテンが閉め切っているので外の状態が分からないです。予定としては金曜日に手術の方向で考えていると言われました。それまでは尿の量を確認して貯めるように案内されました。尿を貯める場所一つのトイレなのでそのトイレを使われていると使えなかったので辛かったです。

食事をしたり点滴をしました。その後、入院になったので予定をキャンセルなどしたり結石を出すために水分をたくさん摂りました。

入院生活2日目

2日目も入院1日目と分からなかったですが医師が来て明日手術の方向で考えてると説明を受けました。結石は右側の膀胱近くに複数ある。膀胱が痛むのは刺激されていると説明を受けました。破砕でなく内視鏡なのは難しい場所と1回では無理なので内視鏡を選んだようです。翌日のレントゲンで手術をするかどうか決定すると案内されました。手術の同意書なども渡されました。麻酔は全身麻酔か部分麻酔については当日決定するようです。退院日は火曜日に診察してか帰るか月曜日帰るか聞かれ月曜日に帰ると伝えました。

手術当日は弾性ストッキングをはいたり床ずれ防止のテープなど貼ると説明を受けました。手術は午後で手術後は尿道カテーテルと尿管ステントが入るようで翌日までベッドから動けないです。

それ以外は点滴をして体温や血圧を測りました。手術前日なのでシャワーも浴びました。

入院生活3日目

レントゲンを撮り手術をすることになりました。薬は朝の分だけ飲んでそれ以降は中止になりました。

麻酔は全身ではなく腰に注射をする麻酔になりました。部分麻酔は初めてなので緊張します。手術中はマスクをしたままです。手術当日は食事抜きですがお腹空かないです。

お昼くらいに看護師が来て弾性ストッキングと床ずれ防止のテープを身体に張って呼ばれるのを待ちます。手術は予定通り行われます。呼ばれて手術室に歩いて向かいます。帰りはベッドで戻ってきます。

経尿道的尿路結石除去術

手術室の前室で名前や手術の内容を伝えました。奥には耳鼻科で見た手術室と違ってテレビなどで良く見る手術室が見えます。

案内されて手術台に上ります。身体を横向きに変えて丸めます。腰の辺りをいじって消毒してから注射をします。明細を確認すると脊椎麻酔マーカイン39分となっていました。

麻酔をした後に身体を戻して仰向けになりました。まだ感覚はありますが下半身が暖房が効いたように暖かくなってきました。下半身と上半身の間にはタオルのような目隠しがされました。その後、下着や来ているガウンを脱いで全裸になりました。上半身にはタオルがかけられます。

だんだん下半身が痺れていきます。感覚はあるかどうか確認されますが感覚が無い状態です。その後手術が始まりますが尿道にカメラが入っている感じはしないです。何となくやってるかなと感じです。モニターは自分でも見えますが真下から見るような感じで見づらかったです。尿管の手前でこの先が尿管で石があると教えてくれました。

尿管に入り石を確認した後、レーザーで小さくしました。次の石も同じようにレーザーで小さくしていきます。細かくなった石は一つだけ取り出してあとは小さくして膀胱に置いたのですぐ出るようなことを言ってました。

その後、腎臓まで到達しました。ただ尿管にある結石だけを除去します。ステントと尿道カテーテルを置いて手術は終わりました。手術室に入室してから45分くらいで終わりました。

下半身は見えない状態なので尿道カテーテルがどうなってるか見えないです。身体が動かないので手術室の方たちが身体をベッドに運んでくれます。

手術後

病室にベッドで戻りましたが下半身の感覚は無く全く動かない状態です。看護師にスマホを取ってもらいのんびり過ごしました。ベッドからは動けず頭も上げると痛くなると言われていたので我慢しました。

尿道カテーテルをしていると出ている感覚が無いです。手術後は暇なので寝てましたが一眠りして16半位に起きると足感覚が戻ってきました。それでも感覚があるのはつま先くらいでひざなど動かそうと思っても全く動かないです。足が開いているのか立っているのかも感覚が無くしびれがある感じくらいです。脚にはマッサージ器のようなものが朝まで付けられました。

口が渇いた感じになったので水を一口飲ませてもらいました。腰や膀胱の辺りに痛みが感じます。トイレにはすごく行きたい感じがしました。

膀胱の辺りの違和感がきつく座薬を入れてもらいました。下半身の感覚もだいぶ戻ってきました。身体は自由に動かせますが脚の感覚がありますが自分では動かせなかったので向きを変えるのを手伝ってもらいました。一人だとかなり時間がかかり辛かったです。

尿道カテーテルは同じ姿勢でいれば痛みなど大丈夫でしたが足を動かしたり管を動かしたりすると尿道に響いて痛かったです。

早く時間だけ過ぎるのを願っていました。同じ姿勢でいると身体が痛くキツかったです。

手術後翌日

朝にマッサージ器のようなものが外れて歩かせてもらいましたが尿道カテーテルが気になって歩きにくいです。貯まった尿を確認してもらうと石は確認できないようです。

8時半頃に医師が来て尿道カテーテルを抜いてくれましたが抜くとき鼻がツーンとする感じのような痛みが数秒して終わりました。医師とはもう会わない感じがしたので痛み止めが無いので出してもらうようにお願いしました。

尿道カテーテルが抜けて楽にはなりましたが違和感があります。その後、身体を拭いてくれて股間の消毒をしてくれました。叩く感じですごく痛かったです。

着替えをして楽になりました。ただ尿管カテーテルが入っているので膀胱や背中に違和感がありました。左側も気になります。

尿道カテーテルが取れてトイレに行くと排尿時に尿道が痛いです。血尿も出ます。結石もいくつか出ました。尿は貯めなくて良くなったので好きなトイレを使えるのは良かったです。トイレに行った後は尿道が痛いのであまり動きたくなかったです。

午後はシャワーを浴びたのでさっぱりして良かったです。手術前は結石を出すためにたくさん水分を摂りましたが今はトイレに行くと尿道が痛いので摂らなくなりました。

その時に出た石ですが2ミリくらいでした。

入院5日目

病院に来てからずっと点滴してましたが午前中で点滴が外れました。点滴の針が無いので身体が楽です。ただ尿管にカテーテルが入っているので違和感があります。少しずつ痛みも出てきたので痛み止めの座薬をもらいました。

翌日、退院の予定ですがどうなっているのか分からなかったです。

退院日

点滴の針が抜けたのかよく眠れました。朝に看護士が来て食後に退院の準備をするように案内されました。朝食を食べた後、荷物をまとめて着替えをして退院の準備が出来ました。同室の方に初めて挨拶をしました。何時くらいに退院できるか分からなかったですが9時過ぎに会計が届いたり薬など届き退院できました。

退院日は祝日なので会計はやっていないので警備室で支払いをして追加の費用があれば後日清算になりました。

久しぶりに外に出ましたが日差しが強く暑かったです。次は8月下旬に尿管ステントを抜きます。

会計

医療券の限度額と食費が2,860円とアメニティと手術用のT字体とおむつ?などの分が2,000円くらいかかりました。点数は54,820点です。食費は1食当たり260円で

入院中はどれにいくらかかるか分からないのでドキドキします。

入院生活

結石での入院生活は尿を貯めたりするので面倒です。また1日中カーテンを閉めているので外の状態が分からないです。結石の痛みは病院に来た時だけで後は尿道カテーテルや尿管ステントの痛みでした。

ネットで経尿道的尿路結石除去術を見ると1泊や2泊で退院できるところもありました。

病院に行ってから一度もレントゲンやCTを見なかったです。右側の尿管にある石は除去したと言われましたがそれ以外の石がどうなっているのか分からないです。

スマホはWIFI無かったのでモバイル通信をしてたので容量を気にしてました。6日間の入院で2.6GBくらい使いました。スマホに入っていたU-NEXT の電子書籍が役に立ちました。動画はダウンロードしてなかったので通信量が気になって映画など観られなかったのは残念です。前もって入院が決まっていれば作品をダウンロードしておけば入院中も楽しめましたが今回のように急に入院だとWIFIが無いのでもともとダウンロードしているのしか楽しめなかったです。U-NEXTの情報は2020年8月11日の情報です。最新の情報はU-NEXTのページでご確認ください。

退院後

退院後はまだ尿に血尿が混じっていますがよくみないと分からないです。尿管ステントが気になりますが月末までは我慢です。左側も気になります。入院中はブログの更新などしていなかったのでこれからゆっくりしていきたいです。

破砕に比べて内視鏡は手術中は楽ですが後がキツイです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました